KeyFC欢迎致辞,点击播放
资源、介绍、历史、Q群等新人必读
KeyFC 社区总索引
如果你找到这个笔记本,请把它邮寄给我们的回忆
KeyFC 漂流瓶传递活动 Since 2011
 

【转道魔幽影】【聽寫稿】AIR廣播劇第1卷

[ 3052 查看 / 3 回复 ]

---以下原文---

【聽寫稿】AIR廣播劇第1卷

聽寫:道魔幽影
校對:KotomiFC會長

感想:在下還未夠班啊啊啊啊啊~>_<

===================================

AIR 第1巻 神尾観鈴・DREAM(前編)

01. 往人の夢

往人の母:「この人形はね、ひとを笑わせる…楽しませることができる道具なの」

往人の母:「動かしてみて」

往人:「できない。どうすればいいのかわからない」

往人の母:「こうするのよ。指先を当てて…」

往人の母:「思えば通じる。思いは通じるから」

往人:「思い?」

往人の母:「今、往人はどう思ってる?」

往人の母:「人を笑わせたいと思ってる?」

往人:「……っ」

往人の母:「そうじゃないと動かないよ?」

往人の母:「動かしたい思いだけじゃなくて、その先の願いに触れて、人形は動きだすんだから」

※      ※      ※      ※

往人:「ひどい揺れだな…この道」

往人:「空と海が…見える」

女の子:「タカシ、何してるんのよ…」

男の子:「ちょっと、お姉ちゃん、セミの抜け殻~」

女の子:「やだ。そんなの持って来ないで」

男の子:「だって、こんなきれいなのはじめて見た。夏休みの宿題」

女の子:「やだ」

男の子:「でも…綺麗だよ」

往人:「おい、そうだ、そこの子供たち」

子供たち:「ん?」

往人:「今からオレが、芸を見せてやるからな」

往人:「さあ、楽しい人形劇(にんぎょうげき)の始まりだ。動け」

※      ※      ※      ※

往人の母:

『この空の向こうには、翼を持った少女がいる』

『それは、ずっと昔から』

『そして、今、この時も』

『同じ大気の中で、翼を広げて風を受け続けているの』

※      ※      ※      ※

往人:「どうだ、すごいだろう」

男の子:「朝顔(あさがお)の成長記録、なんてどう?」

女の子:「あ、いいね。だから、早くそのセミ捨てて」

往人:「おまえたち…」

男の子:「いいじゃん」

女の子:「よくない~」

男の子:「なんで~」

女の子:「よくないったらよくないの~」

往人:「…まあ、いいさ」

男の子:「だから、なんで~」

女の子:「だって気持ち悪いんだもん」

往人:「なあ、おまえたち、オレの芸を見たんだ。払うものがあるだろう?」

男の子:「何かいってるよ、お姉ちゃん」

女の子:「無視しないとダメっ」

往人:「なに?」

男の子:「あ、これ蹴(け)りながら帰ろうよ」

往人:「これ…?」

男の子:「えい~」

女の子:「こら~」

往人:「あっ、オレの人形」

女の子:「あっ、タカシっ~」

男の子:「それっ」

往人:「ふぅ…」

往人:「で、なんだっけ…」

往人:「ラーメンセット」

往人:「…違う」

往人:「人形を探しにいかないとなあ…」

※      ※      ※      ※

BGM:鳥の詩

往人:

歩きながら、顔を上げる。

視線の先には空が広がっていた。

一面が青に染まり、夢の続きを見ているような気がした。

空にいる翼を持った少女、オレが幼い頃、母親に聞いた物語。

オレは、いるのかどうかも分からないそんな少女を探して、旅を続けている。

物語と一緒に母親から受け継いだ人形とともに…

ふっと陽光が揺らぐ、見上げると一羽(いちわ)の鳥が翻り、空を目指していた。

AIR DREAM 神尾観鈴 前編

02. 出逢い

往人:「どこまで飛んでったんだよ…」

少女:「うーん…」

少女:「うんっ…」

少女:「こんにちはっ」

往人:「えーと…」

少女:「あれ…」

往人:「さっさと探さないとな…」

少女:「あの、こんにちはっ」

往人:「オレか?」

少女:「うん」

往人:「なんかようか?」

少女:「遊びに行きませんか?」

往人:「は?」

少女:「浜辺(はまべ)、昨日、遊んでたんですよ、子供たちが」

少女:「ずっと眺めてたんです」

少女:「楽しそうだなぁ、わたしも遊びたいなって」

往人:「いや…オレは忙しいんだ」

少女:「えっ、でも子供に何かして見せてた」

往人:「あ…」

少女:「バス停のところ」

往人:「見てたのか?」

少女:「うん」

少女:「声かけようかと思ったんだけど、急がしそうだったし…」

少女:「さっきは目つぶってたから、寝てるのかと思って…」

往人:「考え事してたんだ」

少女:「考え事?」

往人:「探し物してるんだ。そのことで今いっぱいなんだ」

少女:「じゃ、一緒に探しますねー」

往人:「え…」

少女:「この辺りですか?」

往人:「北極か南極のどっちかだと思う」

少女:「北極か南極…じゃ、行ってきますね」

往人:「本当に行っちまった」

往人:「探すか…」

少女:「はぁ…はぁ…」

少女:「北極も…南極も…すごく遠い」

往人:「そうだな。かなり遠い」

少女:「バスに乗るところで気づいたの」

少女:「もしかして…嘘かなって」

往人:「嘘だ」

少女:「どうしてそんな嘘つくかなぁ…」

往人:「あのな、別に手伝ってくれなくても…」

少女:「あ」

少女:「探し物ってなんなんですか?」

往人:「北極ぐま」

少女:「…嘘ですよね?」

往人:「本当だって言ったら、北極までいくのか、おまえは」

少女:「どうしてそんなイジワル言うかなぁ…」

往人:「暑いだろ。帰れよ」

少女:「平気ですよ。慣れてるから」

往人:「おい、学校はいいのか」

少女:「見つけました」

往人:「本当か?」

少女:「ほら、カブト虫」

往人:「………」

少女:「あれ? 探し物、ちがう?」

往人:「そんなものをこんなに必死で探すか」

少女:「友達かと思って」

往人:「なるほど。俺は虫が友達。そんな奴に見えるんだな」

少女:「うん。友達。はい」

往人:「………」

往人:「探しているのは人形だ」

少女:「人形?」

往人:「手で縫ってあって、中に綿(わた)が詰めてある」

少女:「人形…了解」

03. 友達

少女:「あ…見つけた」

往人:「なんだよ。今度はクワガタか?」

少女:「ううん、人形」

往人:「え…?」

少女:「あそこ、木の枝の先」

往人:「刺さってる」

少女:「鳥が狙ってるよ」

往人:「危なく食われるところだった…」

少女:「良かったですね」

往人:「ああ」

少女:「これで遊べますね」

往人:「誰と」

少女:「わたしと」

往人:「どうして?」

少女:「人形、一緒に探した」

往人:「オレと遊ぶために、手伝ったってのか」

少女:「にはは」

往人:「あのな、悪いけど…」

少女:「砂浜で遊ぶの…」

往人:「………」

少女:「かけっこしたり、水の掛けあいしたり」

少女:「そして、最後に『また明日』ってお別れするんです」

往人:「そんなの友達とやれよ」

少女:「うん。わたしたち、友達」

往人:「会ったばかりだろ」

往人:「さっき拾ったカブト虫とでも遊んでくれ」

少女:「あの子は、つがいだった。メスのカブト虫とどこか行っちゃった」

往人:「そりゃ残念だな」

少女:「うん、だから遊ぼ」

少女:「遊びたいな」

往人:「あのな、まだ用事があるんだ」

少女:「え? そうなんだ…」

往人:「だから、また今度な」

少女:「ちょっと残念」

少女:「あ、もしね…もし、次の用事も手伝えるようだったら手伝う、わたし」

往人:「もう遅いぞ。帰れ」

少女:「お母さん、夜すごく遅いし、怒られないし」

往人:「次の用事はな、金を稼ぐことなんだ」

少女:「お金?欲しいものあるんですか?」

往人:「切実に欲しているものがあるんだ」

少女:「なんなんですか?」

往人:「おまえには関係ないだろ」

往人:「じゃあな。世話になった」

少女:「…ご飯」

往人:「………」

少女:「ご飯とか、どうするんですか?」

少女:「良かったら、わたしの家で食べませんか」

往人:「マジか」

少女:「うん、マジ」

少女:「食べたいものあったら、なんでも言ってください」

※      ※      ※      ※

少女:「どう?ラーメンセットってこれでいいの?」

往人:「ああ、うまい」

少女:「ふたりでご飯」

往人:「いつもひとりなのか」

少女:「お母さん、帰り遅いから」

往人:「そうか…」

少女:「おいしい…」

往人:「ああ」

往人:「神尾(かみお)って言うんだな」

少女:「え、どうしてわかったの?」

往人:「表札(ひょうさつ)に書いてあった」

少女:「あ、そっか」

少女:「神尾観鈴。観鈴(みすず)って呼んでほしい」

往人:「神尾じゃダメか」

少女:「ダメじゃないけど…観鈴のほうがうれしい」

往人:「機会があったらな」

※      ※      ※      ※

往人:「ふぅ~ご馳走さん」

観鈴:「はい。これ洗ったら遊ぼ?」

往人:「いや、あんまり長居(ながい)すると」

観鈴:「まだ大丈夫。お母さん帰ってくるの、もっと遅くだから」

往人:「違う。あんまり遅くなると、オレも宿(やど)を決めにくくなる」

観鈴:「あ…」

往人:「なんだ」

観鈴:「家に泊まってくださいっ」

往人:「あのな、オレたちは今日会ったばかりだぞ。それを泊めるか、普通」

観鈴:「わたしたち、友達」

往人:「違う」

観鈴:「お母さんには、クラスメイトだって言うから」

往人:「そういう問題じゃないだろ」

観鈴:「お母さん、そういうの気にしないと思う。」

観鈴:「だから、ほんと泊まっても大丈夫」

往人:「あのな…」

観鈴:「大丈夫だから」

往人:「はぁ…疲れてるんだ」

観鈴:「うん」

往人:「すぐに寝てしまってもいいか」

観鈴:「うん。夏休みに入ったら、遊ぶ時間たくさんある」

往人:「あのな…」

観鈴:「じゃ、居間にお布団敷くねー」

往人:「夏休み?いつまで引き止めるつもりだ、アイツ」

※      ※      ※      ※

往人の母:

『同じ大気の中で、翼を広げて風を受け続けている』

『そこで少女は、同じ夢を見続けている』

『彼女はいつでもひとりきりで…』

『大人になれずに消えていく』

『そんな悲しい夢を、何度でも繰り返す…』

04. 晴子の願い

どーーーーーーーーーーーーーーーーんっ!!

往人:「……!!」

観鈴:「お母さんだ」

往人:「あぁ…?」

観鈴:「バイクで納屋(なや)に突っ込んだみたい」

往人:「マジか」

観鈴:「またお酒飲んでるなぁ…」

往人:「飲酒運転かよ…」

観鈴:「まあ、よくあることだし」

往人:「ダメだろ、それ」

観鈴:「起こしてごめんね。寝てていいよ」

観鈴:「お母さんには、わたしから話しておくから」

往人:「大丈夫なのか?」

観鈴:「うんうん、大丈夫。寝てて」

観鈴:「おかえりなさい」

観鈴:「あのね、今、友達が来てて、帰るところないから…」

観鈴:「わ、待って、お母さんっ」

観鈴の母:「却下(きゃっか)」

観鈴:「お母さん…あのね…」

観鈴の母:「こんな若っい男、泊められるわけあらへんやろう」

観鈴:「が、がお…」

ぽかっ。

観鈴の母:「その口癖治しぃって、なんどゆうたらわかるんや!」

観鈴:「でも、このひと…寝るところないんだよ」

観鈴:「それに、いいひとだと思うんだよ」

観鈴の母:「…あんた」

観鈴の母:「観鈴とはどんな関係や」

観鈴:「クラスメイト」

観鈴の母:「それにしては、歳食(としく)うとるんやないか?」

観鈴:「……ぅ」

観鈴の母:「こいつ、名前なんて言うんや」

観鈴:「あ…えっとね…」

観鈴:「たぶちさん」

往人:「違う…」

観鈴の母:「田淵(たぶち)さん、ふ~ん…わかった。泊めてやってもええ」

観鈴:「やった。本当?」

観鈴の母:「納屋やったらな」

観鈴:「わ…」

※      ※      ※      ※

観鈴:「ごめんね。お母さん、酒癖(さけぐせ)悪いんだよ」

観鈴:「飲まなかったら、いいひとなんだけど…」

往人:「想像できん…」

観鈴:「そうかな。お布団、ここに敷くね」

往人:「ああ」

往人:「そんなことより、田淵ってなんだ」

観鈴:「田淵…知らない?すごいんだよ」

往人:「おまえの言う田淵がどんな奴かは知らないが、やめてくれ」

観鈴:「だって…」

往人:「俺にはちゃんと国崎(くにさき)という姓があるんだ」

観鈴:「国崎さん。下の名前は?」

往人:「往人(ゆきと)」

観鈴:「往人さん」

往人:「無意味に呼ぶな」

観鈴:「観鈴&往人さん」

往人:「勝手に『&』で繋げるな」

観鈴:「どうしたらいいのかなぁ…」

往人:「にしても、あれだけ豪快(ごうかい)な親もなかなかいないぞ」

観鈴:「うん…嘘つくのすごく恐かった」

往人:「案外見抜いてんじゃないのか?」

観鈴:「そんなことないと思う。お母さん、適当なだけ」

往人:「でもまあ、おまえを心配してんだろ」

観鈴:「そうかなぁ」

往人:「そうかなぁって、嫌いなのか」

観鈴:「そんなことないよ。しゃべり方とか大好き」

往人:「あのしゃべりは気圧(けお)されるものがあるな…」

観鈴:「そう。だから、考え方もしゃべり方と一緒ですごく強引」

観鈴:「軟弱(なんじゃく)なひととか、大嫌い」

観鈴:「その点、往人さんなら大丈夫」

観鈴:「体大きいし、腕太いし、目つきコワイし」

往人:「そうか」

観鈴:「目つき、すごくコワイし」

往人:「そこだけ繰り返すな」

観鈴:「でもそういう人のほうが優しいひとだって」

往人:「誰が言ってた」

観鈴:「わたし思う」

往人:「あのな、目つきが悪いのは、目が悪いか、本当に人の悪い奴だ」

観鈴:「そうかなー。そんなことないと思うよ」

往人:「そろそろ寝る」

観鈴:「うーん、そうかなぁ。そんなことないと思うけどなぁ」

観鈴:「ね、往人さん…寝た?」

観鈴:「はぁ…おやすみ」

往人:「腹減ったなぁ」

※      ※      ※      ※

観鈴の母:「なにしとんのや」

往人:「しまった。見つかったか…」

観鈴の母:「電気つけて物音たてて、見つからんとでも思うたんか」

往人:「こそこそしているよりかはいいと思っただけだ」

観鈴の母:「せやな。そういうはごっつ嫌いや」

観鈴の母:「かといってや、堂々と食べ物を漁られるのが好き、というわけでもあらへん」

往人:「腹が減ってるんだ。見逃せ」

観鈴の母:「うち男を見る目はあるつもりやが、あんたかわっとってようわからんな…」

観鈴の母:「あんた、何者や」

往人:「田淵」

観鈴の母:「名前なんか聞いてへん」

往人:「22番」

観鈴の母:「背番号も聞いてへん」

往人:「鉄人」

観鈴の母:「ニックネームも聞いてへん。素性(すじょう)聞いてるんや」

往人:「クラスメイト」

観鈴の母:「あの子にどんな入れ知恵されとんのや…ったく」

観鈴の母:「しゃあない…じっくり聞かせてもらおうか」

※      ※      ※      ※

ごくんごくん…

観鈴の母:「うちは晴子いうねん」

往人:「オレは…国崎往人」

晴子:「家出か」

往人:「違う」

晴子:「理由もなしに、宿無しにはならんやろ」

往人:「旅をしてるんだ」

晴子:「旅?はっ、なんや、夢でも追いかけとるんか」

往人:「夢か…まあ、そうなるな」

晴子:「夢…なるほど。まあ宿がいるのは間違いないわけや」

往人:「…そうなる」

晴子:「うん。ちゃんと家のルールを守るんやったら、構わへんけど」

往人:「マジか」

晴子:「男手(おとこで)がないしな、この家は」

晴子:「それに、あんたのことは観鈴も信用しとるみたいや」

晴子:「今は、信用しといたるわ」

ごくんごくん…

晴子:「その代わりや」

往人:「………」

晴子:「見ての通り、仕事が夜型(よるがた)で、あの子の面倒、あんまり見られへん」

晴子:「もうすぐ夏休みやし。特に心配な時期や」

晴子:「あの子、そそっかしいし、鉄砲玉(てっぽうだま)のようなとこあるからな」

晴子:「なんか面白そうなもん見つけたら、ぴゅーって飛んでいくねん」

晴子:「あんた、頼まれてくれるか」

往人:「なにをだ」

晴子:「あの子のそばにいてやってくれるだけでええ」

往人:「あのな、そんなの…」

晴子:「アホなことしそうになったら、頭ひっぱたくだけでええから」

晴子:「なあたのむわ…」

往人:「わかったよ」

ごくんごくん…

晴子:「はっ、後、あの子が口癖を言うたときも注意してもらえへんかな」

往人:「口癖?」

BGM:銀色

晴子:「がお…って言うやろ、たまに」

往人:「がお?」

晴子:「困ったときとか、泣きそうなときにや」

往人:「そう言えば、言ってたような気もする」

晴子:「恐竜(きょうりゅう)の鳴き声の真似なんや」

晴子:「あの子、恐竜が好きでな…」

晴子:「小さいとき、うちがあの子、夜店に連れてったんやけど…」

晴子:「そういうところでよう売っとるやろ、ひよこ」

晴子:「あの子な、なんでかひよこを恐竜の子供や思い込んでたねん」

晴子:「そんでごっつほしがってなー、買って買って言うんや」

晴子:「でも、そんときうち、ごっつ貧乏でな」

晴子:「せやから、買われへんかったんや」

晴子:「それ以来な、何かにつけて、がおーっ、て言う癖がついたんや」

晴子:「この歳になっても、治ってへん」

晴子:「今でも子供や、あの子は」

往人:「……ふ」

晴子:「なんや、笑(わろ)とるんかいな」

往人:「変なヤツだな」

晴子:「あの子も、あんたには言われとうないやろな」

晴子:「あんたら、よう似てんよ」

晴子:「飲もか」

往人:「まだ飲むのか?」

晴子:「あほ。これからやないか」

往人:「いつまで飲むつもりだ」

晴子:「夜が明けるまでや」

往人:「ひとりで飲めよ」

晴子:「それやったらいつもと変わらん」

往人:「旦那とでも飲めばいいだろ」

晴子:「最初に『男手がない』ん言うたやろ、そんなもんおらんわ」

往人:「そうなのか」

晴子:「そうや」

往人:「それでいつもひとりで朝まで飲んでるのか」

晴子:「あの子未成年(みせいねん)やし」

晴子:「でもあんたは大人の男や。飲めるわな?」

往人:「まぁ…飲めないことはないが」

晴子:「よっしゃ飲め」

05. 終業式

観鈴:「ご馳走さま」

観鈴:「大丈夫?」

往人:「いや…これが二日酔(ふつかよ)いというやつか」

観鈴:「わたし、学校だけど」

観鈴:「往人さん、どうする?」

往人:「ついていく」

観鈴:「え?」

往人:「晴子から頼まれたんだ」

観鈴:「なにを?」

往人:「お目付役だ。おまえが馬鹿なことをしでかさないように」

観鈴:「はぁ…わたしまるで信用ナシ」

往人:「だから、学校までは送る」

観鈴:「うん。わかった、一緒にいこ」

観鈴:「往人さん、手ぶら?」

往人:「オレがおまえの学校へなにを持って行くんだ」

観鈴:「わっ」

往人:「カラス」

観鈴:「カラスだ」

往人:「おい、なにを」

観鈴:「カラス、触ってくる」

往人:「好きにしてくれ」

観鈴:「うん~にはは」

往人:「バカか、おまえは」

往人:「そんな勢いで近づいたら、逃げられるに決まってるだろ」

観鈴:「友達になれるかなって思ったのに」

往人:「おまえ、クラスメイトに対しても、がおーっ!とか言って迫ってるんじゃないのか?」

観鈴:「してないしてない」

観鈴:「でも、悪気(わるぎ)がないのに、こそっと近づくのもヘンだと思うし」

往人:「そんなの、いつまでたっても触れないぞ」

観鈴:「にはは、そうだねー」

往人:「誰もいないぞ」

観鈴:「急がないとダメでした…」

往人:「オレのせいじゃないからな…おまえがカラスとか追いかけてるから」

観鈴:「終業式(しゅうぎょうしき)の途中から入るのは恥ずかしいから、HR(ホームルーム)から出ようっと」

往人:「終業式だったのか」

観鈴:「うん」

往人:「いいのか、そんな適当で」

観鈴:「うん、いいと思う」

観鈴:「誰も心配しないし。行こう、往人さん」

※      ※      ※      ※

観鈴:「気持ちいい」

往人:「不良学生だな」

観鈴:「そんなことないない」

観鈴:「ま、友達は少ないけどね」

往人:「最初に会ったときも、そうやってたな」

観鈴:「うん」

往人:「空に何かあるのか?」

観鈴:「小さい頃から、空にずっと思いを馳せてた」

往人:「どうして」

観鈴:「わかんない。ただ…」

観鈴:「もうひとりのわたしが、そこにいる」

観鈴:「そんな気がして」

往人:「もうひとり…」

観鈴:「ロマンチックだよね」

観鈴:「本当のわたしは空にいるの。ずっと風に吹かれて、どこまでも遠くを見渡せて…」

観鈴:「地上にいることなんて、ぜんぶちっぽけに見えて…」

観鈴:「きっとすごく、優しい気持ちになれるんだよね」

往人:「この空の向こうに…」

往人の母:『この空の向こうには、翼を持った少女がいる』

観鈴:「どうしたの?」

往人:「オレが探してるのは、もうひとりのおまえかもしれない」

観鈴:「え…?往人さん、ひとを探してるの?」

往人:「ああ」

観鈴:「どんなひと?」

往人:「わからない」

観鈴:「そのひとは、空の上にいるの?」

往人:「………」

観鈴:「往人さん?」

往人:「バカ、冗談だ」

往人:「空が飛べるなら、おまえはここにいないだろ?」

観鈴:「その子は、飛べるのかな」

観鈴:「わたしも飛びたいな」

往人:「おい、危ないぞ」

観鈴:「わっ!」

往人:「バカ…」

観鈴:「やっぱり、羽がないと飛べなかった」

往人:「そんなに飛びたいんだったら、飛行機にでも乗れよな」

観鈴:「違うよ。自分の体で風を切る。それは、本当に自分で飛ばないとできないことだもの」

往人:「………」

観鈴:「あ、そろそろわたし、いくね」

往人:「ああ」

往人:「さて…」

往人:「さっさと旅費(りょひ)を稼いでおさらばするが」

06. 人形劇

往人:「一番栄えてるのはこのあたりか」

往人:「よし…」

子供:「何が始まるの?」

往人:「さあ、楽しい人形劇の始まりだ」

子供:「あ、動いた」

子供:「なんだこの人形?」

往人:「すごいだろ?」

子供:「歩くだけ?」

往人:「……」

子供:「あ、アイス溶けちゃうよ」

子供:「あ、溶けちゃう、溶けちゃう」

観鈴:「往人さん?なにしてるの?」

往人:「早いな」

観鈴:「ねえ、なにしてたの?」

往人:「別に…」

観鈴:「えー、男の子たちとなにかしてた」

往人:「学校は?」

観鈴:「終わったよ。終業式とHRだけだもの」

観鈴:「それよりずるい。わたしとは遊んでくれなかったのに、男の子たちと遊んでた」

往人:「仕事をしてたんだ」

観鈴:「仕事?男の子たちと?」

往人:「俺の仕事は、子供相手のものなんだ」

観鈴:「子供相手…どんな?」

往人:「教えられるか」

観鈴:「どうして?」

往人:「学校終わったなら、さっさと帰れ」

観鈴:「が、がお…」

ぽかっ!

観鈴:「あ、イタイ…どうして打つかなぁ」*

往人:「おまえの母親に言われたんだよ。その口癖言ったら殴ってやれって」

観鈴:「そんなこときかないでいいのに」

往人:「わかったら帰れ」

観鈴:「どうしても…」

往人:「ダメだ」

観鈴:「見せてくれたら、おこづかいで好きなものおごるのにな」

往人:「仕方ないな。そこまで言うのなら」

観鈴:「これ…あのときの人形」

往人:「見てろ」

往人:「動け」

観鈴:「わ、人形…立った」

往人:「歩くぞ」

観鈴:「本当だ。歩いてる」

往人:「こうやって芸をして、子供を楽しませる」

往人:「オレの母親も、これをやってた。俺もそれを引き継いだ」

観鈴:「あ、カラス…」

往人:「待て、俺は誰の頼みを聞いて、芸を見せてるんだ?」

観鈴:「わたし」

往人:「そうだ」

観鈴:「でもね、カラスは逃げるから、先に触ってくる」

観鈴:「カラス~」

ぱたぱた

観鈴:「わ、羽黒い」

往人:「オレの芸は後回し…」

観鈴:「おいでおいでおいで…あっ」

観鈴:「やっぱり逃げられちゃった」

観鈴:「あれ?なんか元気ない?」

往人:「いや、別に…」

観鈴:「あ、往人さんの芸の続き」

往人:「いや、もういい…」

観鈴:「終わり?」

往人:「なんか感想あるか?」

観鈴:「すごい?」

往人:「なんで疑問形なんだ?」

観鈴:「すごい…」

往人:「他に感想ないのか」

観鈴:「すごい?」

往人:「おまえ、馬鹿にしてるだろ」

観鈴:「ううん、本当にすごいよ…」

往人:「これはすごいんじゃなくて、おもしろいものなんだ」

観鈴:「え、笑わないとだめなんだね」

観鈴:「あれ…落ち込んでる?」

往人:「これで商売やってんだぞ」

観鈴:「あ…でも、子供たちは喜ぶんだよね」

往人:「一様(いちよう)に真顔(まがお)だな」

観鈴:「でも、それで稼いでるんだよね?」

往人:「小銭(こぜに)をくれるのはその親たちだからな」

観鈴:「じゃ…おもしろくない?」

往人:「おまえには二度と見せない」

観鈴:「わ、どうしてそんなこと言うかなぁ…」

往人:「ここまで、けちょんけちょんに言われたのは初めてだ」

観鈴:「だって、なんか普通に歩いてるだけだったし…」

観鈴:「でも、すごいよねぇ。どうやってるの? 糸かな?」

往人:「法術(ほうじゅつ)だ」

観鈴:「法術?」

往人:「手品(てじな)みたいなもんだ、タネも仕掛けもないけどな」

観鈴:「本当?」

往人:「オレの家系に引き継がれてる力だ」

観鈴:「すごい」

往人:「昔はもっと、すごい力があったらしいけどな」

往人:「今や人形を動かすことしかできない」

往人:「しかも、人を楽しませるユーモアもないときた」

往人:「この力は、俺の代で終わりだろうな」

観鈴:「もしかして…わたしが終わらせた?」

往人:「その一端は担ってるだろうな」

観鈴:「でも、往人さんの法術、わたし好きだよ」

観鈴:「人形さん動かせるんだもんね」

※      ※      ※      ※

テレビ:『ダメだよ!攻撃がきかないよ!』

テレビ:『くそ…レッド!』

テレビ:『よし、こい…』

観鈴:「往人さん、それ見終わったら遊ばない?」

テレビ:『行くわよ!』

往人:「なにをして?」

観鈴:「トランプ」

往人:「宿題はないのか?」

観鈴:「ぅ…ある」

往人:「宿題しろよ」

観鈴:「じゃ、宿題したら遊んでくれる?」

観鈴:「わっ、やられちゃった」

往人:「まっ、こんなとこだろうな」

ずがーーーーんっ!

往人:「あっ!?」

観鈴:「お母さんだ」

往人:「また酔ってるのか」

観鈴:「にはは」

晴子:「ただいまやぁ~」

往人:「頑丈(がんじょう)だな」

晴子:「あー、居候(いそうろう)はまだ寝てないやろうなーっ」

往人:「この通り」

晴子:「ふぅ。さ、飲もうか」

※      ※      ※      ※

観鈴:「あのね、お母さん。往人さん、すごいんだよ。すごいことできるんだよ」

晴子:「なんや」

往人:「二度とやらないと言っただろ」

観鈴:「どうしてそんなこと言うかなぁ…」

晴子:「なんや。ええから見せんかい?」

往人:「わかったよ」

観鈴:「やった。お母さん強い」

往人:「けど、これが最後だからな」

晴子:「人形やなぁ」

往人:「動け」

晴子:「おおー」

往人:「どうだ」

晴子:「あ?観鈴、これ、オチないんか」

観鈴:「うん、ない!」

晴子:「あかん。こいつ、センスないわ」

往人:「……っ」

観鈴:「でも、すごいよね。タネも仕掛けもないんだよ」

晴子:「そんなん関係あるかい。糸で吊ってるんが見え見えでも、おもろいほうがええわ」

往人:「納屋で寝る…」

観鈴:「わ…自ら納屋に行こうとしてるし…」

晴子:「わはは、別にそんな才能なんてなくてもええやん、居候!」

往人:「死活(しかつ)問題だぞ、俺にとっては…」

※      ※      ※      ※

晴子:「わははーわははー。あ、観鈴眠いんか?」

観鈴:「うん…ちょっと…」

晴子:「それやったら、ほら、ここ。ふぅ、膝貸したるから、寝てええよ」

観鈴:「なに言ってるの、子供じゃあるまいし」

観鈴:「もう、寝るね。おやすみ、往人さん、お母さん」

往人:「嫌われてるんだな」

晴子:「うち、親なんかに向いてないねん」

往人:「それは見ればわかる」

晴子:「あの子もヘンやしな」

往人:「ヘンって?」

往人:「自分で生んどいて酷い言い草だな」

晴子:「生んでへんよ」

往人:「母親が産まないでどうやって生まれるんだよ」

晴子:「ある日ふっと現れることもあるんや」

往人:「なんだそりゃ?」

晴子:「ふっ、でもあの子、あんたが来てから元気やわ」

往人:「そうなのか?」

晴子:「できたら、ずっと友達でいたってや」

07. 夏休み

往人:「今日から夏休みだろ?」

観鈴:「うん。でも、補習(ほしゅう)あるから」

往人:「補習…?」

観鈴:「遅刻多いし、成績もよくないしね」

往人:「今何時だ?」

観鈴:「うん。今日も残念」

往人:「補習まで遅刻するなよ、どうするんだ?」

観鈴:「休み時間に入っていって、あたかも一時間目からいました~って顔して座ってる」

往人:「バレバレだろ」

観鈴:「わたし、存在感ないから、みんな気にも留めないの」

往人:「なにやってんだ、おまえ」

観鈴:「絵日記。自由課題」

往人:「どっちなんだよ」

観鈴:「自由課題が、絵日記」

往人:「違うだろ。それは別々のものだ。一緒にするな」

観鈴:「だから、すごいの。先生もびっくり」

往人:「そらびっくりするだろうよ。おまえの歳で絵日記なんて描かれた日には」

観鈴:「観鈴ちん、すごい」

往人:「そんなものより、地図を描いてくれないか」

観鈴:「ん? どこの?」

往人:「この町のだよ」

往人:「もっと人の賑わう場所とか、知りたいんだ」

往人:「でないと、本当に、いつまでもおまえの家に居座ることになる」

観鈴:「えっと、補習終わってから、案内する、じゃダメ?」

往人:「今から暇だからな。すぐにも動きたい」

観鈴:「そっか。うん、わかった」

観鈴:「がおーっ…と」

……

観鈴:「はい」

往人:「早いな、おまえ…」

観鈴:「ちょうど時間」

観鈴:「お昼にまたね」

往人:「おっ」

往人:「ふっ、これで地図のつもりか、アイツ」

※      ※      ※      ※

BGM:夏影(なつかげ)

往人:

「母親に聞かされた物語のイメージを」

「オレはずっと探していた」

「何かに押されるように、町から町へと歩き続けていた」

「この町に降りたのは、なぜだったろう」

「空が目の前に広がるように見えたからだったろうか」

「そろそろ学校が終わる時間だな」

「戻るか」

※      ※      ※      ※

往人:「よ」

観鈴:「往人さん」

往人:「待ったか」

観鈴:「ううん。帰ろ」

往人:「ああ」

観鈴:「どうだった?」

観鈴:「お金、稼げた?」

往人:「ああ。ばっちりだ」

観鈴:「そう…」

往人:「どうした?」

観鈴:「ううん、よかったね」

観鈴:「これで、ここ出られるね」

往人:「そうだな…」

観鈴:「じゃ、お祝いしよ?」

往人:「お祝い?」

観鈴:「往人さんのおごりで、ジュース飲もう」

往人:「なんで俺がおごるんだよ」

観鈴:「だって、たんまり稼いだんでしょ?」

往人:「嫌だ」

観鈴:「えー、ケチ」

往人:「ケチでいい」

観鈴:「カエル」

往人:「カエルでもいい」

観鈴:「オタマジャクシ」

往人:「オタマジャクシでもいい」

観鈴:「そうだよね。いつも黒いもんね」

往人:「そうだ。だからジュースも買わないし、飲まない」

観鈴:「いいよ。じゃ、私買うから」

観鈴:「オタマジャクシさんは、もうこの町出ていっちゃうんだね」

往人:「ああ、そうだな」

観鈴:「寂しくなるね」

往人:「そうか?」

観鈴:「そうだよ。オタマジャクシさん、おもしろい人だし」

往人:「一応、人なんだな」

観鈴:「違った、オタマジャクシさんはおもしろいオタマジャクシだった」

往人:「そうか?」

観鈴:「うん、楽しいオタマジャクシだった」

観鈴:「仕方ないよね」

観鈴:「オタマジャクシさんの門出にかんぱーい」

観鈴:「どうしたの?」

往人:「乾杯(かんぱい)しなくていい」

観鈴:「どうして?」

往人:「もう少し、この町に残ることにしたから」

観鈴:「え?」

往人:「さっきのはうそだ。まだ稼ぎが足らない」

観鈴:「ほんとう?」

往人:「稼ぎが足らないのがそんなにうれしいか」

観鈴:「えっ、うれしくない…」

往人:「この町にまだ残ろうと思ったのは、アイツの目がどこか悲しそうに見えたからだろうか」

※      ※      ※      ※

テレビ:『それでは、町の人の声を聞いてみました』

テレビ:『最近の政治についてどう思われますか』

テレビ:『これ、テレビ?これ、テレビ?』

観鈴:「えへへへ、ははは…」

往人:「これでよく笑えるな」

観鈴:「え?面白いよ、これ」

晴子:「ただいまやで~」

観鈴:「あ、お母さん」

往人:「今日は突っ込まなかったんだなぁ」

観鈴:「にはは」

往人:「なんだ、これは」

晴子:「見たらわかるやろ、ナマケモノや」

往人:「そんなのは見ればわかる、オレがいいたいのは」

観鈴:「お土産?」

晴子:「そうや」

観鈴:「わーー」

晴子:「あんたのやないで」

観鈴:「えっ」

往人:「おれのか?」

晴子:「そうや、あんな愛想のない人形捨てや、明日からこれで商売したらめっさ儲かるようになるで。もうご機嫌やん」

往人:「こんなものいるか!」

晴子:「天邪鬼(あまのじゃく)な子やなぁ、うれしいくせに」

往人:「この人形とは長いつきあいなんだよ、もう十年ずっと一緒に稼いできたんだ」

晴子:「十年、薄汚(うすぎたな)いはそのせいか」

往人:「薄汚くてもなんでもオレはあの人形でやる、こんなサルはいらん!」

観鈴:「えっ、ナマケモノさんかわいいのに」

往人:「じゃ、おまえにやる」

観鈴:「本当?」

晴子:「どうしても、うちのプレゼント受け取らんて言うんか?」

往人:「ああ」

晴子:「ほな、ぬいぐるみをあんたが買い取り」

往人:「なんでアンタが勝手に買ったものを買い取らなきゃならないんだ」

晴子:「うちが損するやろ」

往人:「明快すぎる」

晴子:「それまで、アンタの人形預かっとくわ」

往人:「どういう理屈だ」

晴子:「あんたが代金踏み倒して逃げるゆうこともあるさかいにな」

晴子:「もちろん、今、この場で代金が支払える言うんやったら、すぐ返したる」

往人:「いくらだ…」

晴子:「一万。どない?」

観鈴:「そんな…往人さんが払えるわけないよ」

往人:「そんなフォロー…」

晴子:「まぁ、頑張って稼ぎや」

晴子:「それとな、あんたが買い取るまでは、ぬいぐるみはうちからの真心のこもったプレゼントや」

晴子:「むげに扱(あつこ)うたら、こっちの人形も手荒く扱うで」

08. 少女

往人:「頑張って稼げか。こんなナマケモノで芸ができるかって」

往人:「はぁ…歩け」

往人:「こ、こえぇ…」

女の子:「あ、おサルさん」

往人:「ん?」

女の子:「おサルさん」

往人:「ナマケモノって言うんだ」

女の子:「ナマケモノさん~」

女の子:「すごくかわいい」

往人:「なぁ、ひとりか」

女の子:「かわいいなぁ」

往人:「怖くないのかこれ?」

女の子:「あ、動いた」

往人:「おい、親はどうした」

女の子:「あ、かわいい」

往人:「迷子かよ。まいったな」

※      ※      ※      ※

往人:「もう、泣くな…」

往人:「ちくしょう…一体どこの子供なんだ」

往人:「ただでさえ不案内な町だって言うのに」

観鈴:「往人さん、どうしたの?」

往人:「大変だったぞ」

観鈴:「かわいいね」

観鈴:「ずっと、この子と遊んでた?」

往人:「バカ。こっちはこいつのせいで、どれだけ苦労したか」

観鈴:「迷子?」

往人:「ああ」

観鈴:「名前は?」

往人:「わからん。本人に聞いてくれ」

観鈴:「お名前は?」

女の子:「6さい」

往人:「すげぇ名前だな」

観鈴:「往人さんは黙ってて」

往人:「わかったよ」

観鈴:「お名前は? お歳の前に言うものでしょ?」

女の子:「さいか、6さい」

観鈴:「さいかちゃん?」

女の子:「うん」

観鈴:「上の名前はわからない?」

女の子:「しの」

観鈴:「しのさいか。合ってる?」

さいか:「うん」

観鈴:「だって」

往人:「で?」

観鈴:「行こう」

往人:「どこに」

観鈴:「しのさんのお家」

往人:「知ってるのか?」

観鈴:「うん」

※      ※      ※      ※

さいか:「バイバイ~」

観鈴:「じゃあね、さいかちゃん」

往人:「行くか?」

さいか:「バイバイ~」

観鈴:「見て、あんなに手を振ってる」

往人:「おまえと別れるのがつらいんだろ」

観鈴:「違うと思うなぁ」

往人:「なんで?」

観鈴:「きっと、お友達なんだよ」

往人:「?」

観鈴:「往人さんのこと、お友達だって。だから、あんなに手を振ってるんだよ」

往人:「オレはうろたえてただけだぞ」

観鈴:「それでもだよ」

観鈴:「往人さん?」

往人:「おサルさんだ。お前にやる」

さいか:「おサルさん」

往人:「動け」

さいか:「あぁ~」

往人:「これもお前の友達だ。仲良くしてやってくれ」

さいか:「うん」

観鈴:「往人さん」

往人:「悪いな、あのぬいぐるみお前にやれなくなった」

観鈴:「ううん。いいよ、私には往人さんがいるもん」*

往人:「あ?」

観鈴:「なんでもないよ」

※      ※      ※      ※

晴子:「なんやて~?」

晴子:「うちのプレゼントをあげてしもうたやて?」

往人:「仕方ないだろ」

晴子:「なにやどう仕方ないんや」」

往人:「それはなぁ…まぁ、あれだ」

晴子:「あ?なんですか?きこえへん」

往人:「仕方ないものは仕方ないんだ」

往人:「一万円はそのうち用意する。それでいいだろ」

晴子:「なんでも金で解決できる思うたら大間違やで」

往人:「いい加減寝かせてくれ」

往人:「朝は観鈴を見送って、夜までアンタの相手をしていたら、オレはいつ寝るんだ」

晴子:「ねんで」

往人:「死ぬぞ」

晴子:「死なんわ」

往人:「つきあってられん」

晴子:「なぁ」

往人:「なんだよ」

晴子:「観鈴と…朝一緒に行ってくれとるんやな」

往人:「なんだって?」

晴子:「そうかそか、うち自分の部屋で飲むから、ここで寝てもええよ」

往人:「なんなんだよ、一体…」

09. 夏はいつか終わる

往人:「……ん」

観鈴:「往人さん」

往人:「……んん」

観鈴:「往人さん…往人さん、起きて、ご飯の支度ができたよ」

往人:「……んん」

観鈴:「あ…人形、お母さん返してくれたの?」

往人:「人形…あ、なに、人形?」

観鈴:「あ、おはよう」

往人:「今人形がどうとか言ってなかったか?」

観鈴:「うん。ほら、そこ」

観鈴:「返してもらったんだね」

往人:「あ、ああ…」

※      ※      ※      ※

観鈴:「これで、またお仕事できるね」

往人:「ああ…それはそうだなぁ」

観鈴:「どうしたの?」

往人:「仕事はできるが…」

観鈴:「大丈夫だよ」

往人:「うん」

観鈴:「笑ってくれるよ、子供たち」

往人:「どうかなぁ」

観鈴:「往人さんならできるよ」

観鈴:「昨日だって、さいかちゃんにぬいぐるみあげて、動かして見せてた」

観鈴:「さいかちゃんすごくうれしそうだった」

往人:「そんなんじゃない」

観鈴:「往人さんなら大丈夫」

往人:「行くぞ。また遅刻する」

観鈴:「うん」

観鈴:「楽しい」

往人:「なにが?」

観鈴:「二人は楽しい」

観鈴:「ずっと夏だったらいいのに」

往人:「ずっと暑いだろ」

観鈴:「そうだね。それはちょっと困るね」

往人:「それに過ぎていくから、思い出にできるんだ。いつまでも同じ場所にいたら、思い出もできない、ずっと今の自分のままなんだ」

観鈴:「そっか。それは悲しいね」

往人:「…だろ。だから夏はいつか終わる、そして新しい季節がやってくる」

観鈴:「秋だね」

往人:「そうだ」

観鈴:「秋も楽しいけどね。焼き芋食べたり」

往人:「なんだっていいんだな、おまえ」

観鈴:「うん」

往人:「節操(せっそう)のないヤツめ」

観鈴:「あ、ちょうどいい時間」

往人:「そっか」

観鈴:「ぶいっ」

往人:「これが当り前なんだ」

観鈴:「帰ったら、いっしょに遊びたいな」

往人:「ひとりで遊んでくれ」

観鈴:「ひとりはやだよ、いっしょがいいなぁ」

往人:「勝手なこと言うな。俺は忙しいんだよ」

往人:「始まるんじゃないのか?」

観鈴:「なんか終わった後に楽しみ欲しいな…」

往人:「わかったよ、だから早く行け」

観鈴:「ほんと?」

往人:「ああ」

観鈴:「じゃ、補習がんばれる」

往人:「頑張ってこい」

観鈴:「うん」

観鈴:「えっと…なにしよっか」

往人:「早くいけっ」

往人:「遅刻するぞ、バカ」

観鈴:「ごめん、よく聞こえなかった」

往人:「もういい。ゆっくり行け」

観鈴:「うん。じゃあ、待っててね」

往人:「まったく、なにをそんなにこだわってるのか」

※      ※      ※      ※

観鈴:『ひとりはやだよ』

往人の母:『その子はね、ずっとひとりで空にいるの』

往人:

「ずっと…一人か」

「この空の向こうには、翼を持った少女がいる」

「…それは、ずっと昔から…そして、今、この時も」

「同じ大気の中で、翼を広げて風を受け続けている」

「心の中にその姿が広がる」

「美しい光景。なのに、どうしてか、それは悲しみに満ちていた。」

「俺の旅の目的。この空に今もいるという、少女を探しだすこと」

「探しだして、そしてどうするかなんて決めていなかった」

「ただ、幼い日に母から聞かされて俺の中に生まれたイメージ…それを追い求めてるだけだった」

「それなのに、空にいる少女はいつも悲しそうな顔をしていた」

「悲しい色に染まった夢。空の蒼はいつの日も悲しみの色だった」

観鈴:『もうひとりのわたしが、そこにいる。そんな気がして…』

「もし、その少女がこの地上に降りていたら…」

「それは、観鈴のような姿なのだろうか」

往人:「ふっ、そんなことあるわけない」

10. 空の少女

観鈴:「これでおしまい。往人さん」

往人:「なんだ?」

観鈴:「トランプしよう?」

往人:「トランプ?どうして?」

観鈴:「帰ったら、いっしょに遊んでくれるって言った」

往人:「ん?」

観鈴:「だから私補習がんばった、帰ったら、往人さんとトランプしようって」

往人:「あのな…」

観鈴:「トランプしたいな…」

往人:「…わかった。やってやる」

観鈴:「ほんと?」

往人:「ああ。ほんとだ」

観鈴:「トランプ取ってくる。待ててね、出かけちゃダメだよ、絶対だよ」

往人:「ああ、わかった」

往人:「難しいルールのはやめてくれよ。理解できない」

観鈴:「うん。じゃ、神経衰弱(しんけいすいじゃく)は?」

往人:「ああ、それだったらわかる」

観鈴:「にはは」

往人:「どうした?」

観鈴:「ううん、なんでもない」

往人:「……?」

観鈴:「にはは…しっぱい」

往人:「おまえ、泣いてるのか」

観鈴:「泣いてないよ」

往人:「本当か」

観鈴:「もういっかい並べるね」

観鈴:「遊べる…がんばらないと…」

観鈴:「やらないと…わたし、がんばらないと…」

往人:「どうしたんだ、おまえ。具合悪いんだったら、休めよ」

観鈴:「大丈夫、大丈夫」

往人:「どうした、おい?」

大きな声で泣き出した

往人:「大丈夫か」

往人:「どうしたんだよ」

※      ※      ※      ※

往人:「なんなんだよ、アイツは…」

往人:「いきなり泣き出しやがって…」

往人:「いくらなんでも、もう泣きやんだか」

往人:「帰るか……ん?」

往人:「いつからいたんだ、アイツ」

往人:「おいっ…おいっ、どこいくんだよ。おいっ、観鈴!」

観鈴:「え?」

往人:「え?じゃないだろ、なに無視して、帰ろうとしてるんだよ」

観鈴:「えっと…どうしたらよかったのかな」

往人:「いつもの通り言えばいいだろ?」

観鈴:「なんて言ってたっけ」

往人:「おまえ、いつもなんでもいっしょにって」

観鈴:「いっしょ…」

往人:「だから今は、一緒に帰ろう、だろ」

観鈴:「そうだったね…」

観鈴:「でも、今そう言ったら…いっしょに帰ってくれるのかな」

往人:「今って…いまさらだな、おまえ」

観鈴:「今、言ったら、いっしょに帰ってくれるのかな」

往人:「ああ、俺も帰るところだったからな」

観鈴:「じゃあ…いっしょに帰ろ」

往人:「ああ」

観鈴:「ほんとう?」

往人:「ああ。腹減ったしな…」

観鈴:「往人さん、いつもお腹減ってる」

往人:「そうだな。食べた直後以外は」

観鈴:「にははっ」

観鈴:「機会があったらって」

往人:「ん?」

観鈴:「往人さんそう言ってた」

往人:「なに?」

観鈴:「初めて観鈴って呼んでくれた」

往人:「そんだったか?」

観鈴:「うん。観鈴って大きな声で…うれしかった」

観鈴:「ね、往人さんは友達」

往人:「違う」

観鈴:「わ…」

往人:「でも、そうなる可能性はあるかもな」

観鈴:「うん、よかった。それで十分」

※      ※      ※      ※

往人:「帰ってたのか」

晴子:「なんや、アンタもこんな時間まで起きとったんか」

往人:「なんか寝つけなくてな」

晴子:「飲むか」

往人:「いや、いい。それよりな…観鈴、どこか悪いのか」

晴子:「………」

往人:「今日、観鈴が突然泣き出して…どこか悪いのか?よくあることなのか、あれは?」

晴子:「はぁ………それで、あんたどうした?」

往人:「なにもしてない。ひとりにしておいただけだ」

晴子:「あんた、ようわかったなー。あの子の癇癪(かんしゃく)止めるには、それしかあらへん」

往人:「………」

晴子:「ちょっと引いたやろ?」

往人:「引くって…どういうことだよ」

晴子:「ふっ、考えてみぃ。あの子いくつや」

晴子:「あんな大きい子が、癇癪起こして泣き出したら、あんた、そら引くで」

晴子:「小さい頃から、ずっとや」

晴子:「誰かと友達になれそうになったら、ああなるねん…」

晴子:「病院とかで診てもらっても、治らへん」

晴子:「精神的なもんやろうし、大きぃなったら、みんな治る思うてたんや」

晴子:「なんで治らへんのやろうな」

往人:「それで、オレに…」

晴子:「ほんま、いつまでもあの子の友達でいたってや」

往人:「アンタ、無責任だな」

晴子:「…なんでやねん」

往人:「それは俺の役目か?母親の役目じゃないのか」

晴子:「…母親」

往人:「そうだ、母親のやることだろ」

晴子:「なんもしらんで、えらそうな口聞くな」

往人:「………」

晴子:「すまん…言い過ぎたわ」

往人:「………」

晴子:「あんた、ぶっきらぼうやけど、ほんまは根のいいやつやと思うわ。」

晴子:「だから、観鈴を頼むわ。うちでは、ダメなんや」

※      ※      ※      ※

往人:「やっぱりダメか…ちくしょう」

男:「あれ、もう終わりかい?」

往人:「……?」

男:「糸で吊ってるようには見えなかったが、どうやっていたのかな」

往人:「ソーラーパワーだ」

男:「はは…そんなわけないだろう」

男:「ね、もう一度、動かしてみてくれないか」

往人:「ああ。いいか、動かすぞ」

男:「ポケットの手は…出せないかい?」

往人:「出せる。いいか?」

男:「まぁ」

往人:「よし」

男:「それでも、人形は動くか…」

男:「すごいな。これはすごいと思うよ」

往人:「いや、そうか…?」

男:「ま、これでは子供は見向きもしないだろうが」

往人:「……っ」

男:「どれほどすごいことをやっていたとしても、楽しくなかったら子供の興味を引くことはできない」

往人:「………」

男:「こんな力を持ってるなら、職業を変えることをお薦めするよ」

往人:「余計なお世話だよ」

男:「ま、好きでやっているのなら仕方がないな」

男:「というわけで、君の発展を祈って」

往人:「何だよ、これ」

男:「お礼だ。じゃあな」

※      ※      ※      ※

往人:「ケーキ」

観鈴:「おいしそうだね」

往人:「観鈴」

観鈴:「どうしたの、これ」

往人:「いや、チップの代わりらしいが」

観鈴:「そうなの?よかったね」

往人:「なにが?」

観鈴:「だって、ウケたんでしょ?往人さんのお仕事」

往人:「くれたのは見知らぬ中年(ちゅうねん)の男だ」

観鈴:「はぁ…中年」

往人:「しかも、ウケたのかどうかは疑問だ」

観鈴:「そう…」

往人:「食うか?」

観鈴:「ううん、すぐお昼ご飯だから」

往人:「そうだなぁ、昼だな」

観鈴:「帰ろ、ラーメンセット作るから。今日はね、セットのご飯、チャーハンにするんだよ。で、デザートにこのケーキ」

往人:「そうだな。じゃ、帰るか」

※      ※      ※      ※

観鈴:「風が気持ちいいね」

往人:「ああ。そうだな」

観鈴:「翼があったらいいのに」

往人:「あったらなにするんだ」

観鈴:「あったら…この風を切って飛べる。あの雲の向こうまで見に行ける」

往人:「観鈴…」

観鈴:「夢を見るの」

往人:「…ん?」

観鈴:「夢を見るの、不思議な夢」

観鈴:「空の夢」

BGM:鳥の詩(ピアノ)

観鈴:「自分は空にいるの」

観鈴:「そこは見たこともない世界」

観鈴:「こうしていれば…自分の上に雲はある」

観鈴:「なのにそこでは、自分の足の下に雲が張りつめてる」

観鈴:「雲の隙間からは、海の青が見える。でも、そこまでがどれくらいあるのかもわからない」

観鈴:「どこも、無限に広がってる」

観鈴:「その空では、雲は逆に流れてる」

観鈴:「消えた場所から雲は生まれて、生まれた場所に消えていく…」

観鈴:「その繰り返しをじっと見ながら、わたしは風を受けてる」

観鈴:「そんな夢」

往人:「おまえは…誰なんだ」

観鈴:「わたし? わたし、神尾観鈴」

往人:「違う…その夢の中でだ」

観鈴:「それはやっぱり…わたしだと思う。もうひとりの…わたし」

往人の母:

『この空の向こうには、翼を持った少女がいる』

『それは、ずっと昔から』

『そして、今、この時も』

『同じ大気の中で、翼を広げて風を受け続けている』

『そこで少女は、同じ夢を見続けている』

『彼女はいつでもひとりきりで…』

『大人になれずに消えていく』

『そんな悲しい夢を、何度でも繰り返す…』

『女の子は、夢を見るの』

『最初は、空の夢』
1

评分次数

    分享 转发

    TOP